Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Glenn Hughes / From Now On 傑作

ソロの2枚目

 94年のグレンヒューズのソロ作2枚目。ギターは北欧系の2人で知らない人でしたが、当時ヤングギターに奏法解説やインタビューなど載っていたのを覚えています。
 とにかくヴォーカルが素晴らしい。1曲目のPickin up The Piecesで期待度マックスに。ディープパープルのBurnの頃のブリブリするバードロックに上へ下へと吠えまくるボイスオブロック。雑誌などではこのアルバムの紹介として「完全復活」などと書かれていましたが、この1曲でよくわかる。
 2曲目のLay My Body Downは一転してスローな曲。このようなメローな曲も歌い上げる感じが良い。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー