Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Poison / Flesh & Blood 楽しさ満載

サードアルバム

 これまでの雰囲気変わらずに楽しんでいる音がします。
 ヘタウマと言われることもありますし、モトリークルーと似ている面もあったりしますが、良い意味でもっとバカっぽい感じがポイズンです。
 このアルバムではポップさというかメロディも練られた感じです。7曲目のLife Goes Onでは良い雰囲気のバラード。イントロのギターのハーモニーから染み入る感じでギターソロも良いメロディに仕上がっています。
 11曲目のSomething to Believe inもメロディがしっかりした曲。ピアノのイントロが良い感じ。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー