Eric Clapton / Behind The Sun ポップ路線

イメージ
1985年のアルバム。この頃からポップ路線になってくる感じがします。1曲目のShe's Waitingからそれまでのブルーズとか考えられないくらいのポップ。音は厚いし豪華な感じもすると。6曲目のForever Manなんかもそんな感じになっています。フィルコリンズの影響が大きいのでしょう。とても聞きやすくまとめられていて周りが豪華な音のおかげでしゃがれ声のヴォーカルがより一層堪能できる感じ。


Poison / Flesh & Blood 楽しさ満載

サードアルバム

 これまでの雰囲気変わらずに楽しんでいる音がします。
 ヘタウマと言われることもありますし、モトリークルーと似ている面もあったりしますが、良い意味でもっとバカっぽい感じがポイズンです。
 このアルバムではポップさというかメロディも練られた感じです。7曲目のLife Goes Onでは良い雰囲気のバラード。イントロのギターのハーモニーから染み入る感じでギターソロも良いメロディに仕上がっています。
 11曲目のSomething to Believe inもメロディがしっかりした曲。ピアノのイントロが良い感じ。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー