The Cult / Electric ハードロックへ進化

イメージ
The Cult のサードアルバム。前作は浮遊感のある音でしたが、このアルバムからハードロック的にかっちりした音。ギターが前にでてキャッチーなリフが乗る曲が多い。イメージするならAC/DCでしょうか。
 冒頭のWild Flowerからどこかで聞いたAC/DCなリフ。リフだけ聞くとパクリなのですが曲として聞くとオリジナル然としてカッコ良い。これはこれでありなのではないでしょうか。

INABA/SALAS / CHUBBY GROOVE ファンクなポップ

B'zともソロとも違う

 新しい音楽性。
 B'zのようなわかりやすい歌謡曲的ハードロックではないので、それを期待している人には少し退屈な印象があるかも。
 ソロアルバムの印象を期待している人には少し方向性が違うかも。

 最初に聴いた印象としては4曲目のAishi-Aisareのサビ?のようなポップな印象。ギターはファンクでダンサブルな曲調なのですが、ヴォーカルがポップで最初に聴いた時には違和感がありましたが聴き込むにつれてハマってゆく感じ.。ヴォーカルの歌メロだけを聞くと昔のポップスにありそうな歌メロですがバックの演奏と合わせると変わった感じです。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー