2017年3月10日金曜日

Glenn Hughes / L.A. Blues Authority Volume II ブルーズというと

L.A. Blues Authority 

  というタイトルで聞くと少し期待と違うかも。
 1作目は曲ごとに別のミュージシャンでしたが、今回はグレンヒューズが全曲ヴォーカル。メンバーはウォーレン・デ・マルティーニ、ジョン・ノーラム、ミック・マーズ、リッチー・コッチェン、トニー・フランクリンなど有名どころ。

 ブルーズと言われるとちょっと違う気もします。オリジナルの70年代HRの感じ。グレンヒューズってブルーズ的にウネウネする感じよりもファンク的に跳ねる感じがするのでそれがブルーズっぽく無いのかなとも考えたり。
 グレンヒューズらしい良いアルバムです。


0 件のコメント:

コメントを投稿