Sammy Hagar / Marching to Mars 脱退後

イメージ
Van Halen脱退後のソロアルバム。キャッチーなメロディを活かした壮大な曲が多い感じ。この辺りはVan Halenとも違うソロアルバム独自の雰囲気。
 キレの良い1曲目のLittle White Lieは楽曲こそ普通ですがSammyが歌うとよく聞こえる不思議。バラードのKamaも良い曲。しっとりしていてヴォーカルで持ってゆくタイプ。サビの盛り上がりというか感情の入り方がカッコ良い。

Glenn Hughes / L.A. Blues Authority Volume II ブルーズというと

L.A. Blues Authority 

  というタイトルで聞くと少し期待と違うかも。
 1作目は曲ごとに別のミュージシャンでしたが、今回はグレンヒューズが全曲ヴォーカル。メンバーはウォーレン・デ・マルティーニ、ジョン・ノーラム、ミック・マーズ、リッチー・コッチェン、トニー・フランクリンなど有名どころ。

 ブルーズと言われるとちょっと違う気もします。オリジナルの70年代HRの感じ。グレンヒューズってブルーズ的にウネウネする感じよりもファンク的に跳ねる感じがするのでそれがブルーズっぽく無いのかなとも考えたり。
 グレンヒューズらしい良いアルバムです。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー