Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Glenn Hughes / Return Of Crystal Karma 大人な感じ

大人な

 感じのロック。タイトルだけ聞くとハードロックを想像してしまったのですが、全体的には歌メロもカチッと決めた感じではなくフィーリングで歌う感じになっています。
 DeepPurple風なオルガンが入ったかっちりした曲もありますが、8曲目のOwed to "J"のフュージョン的なインストでそのまま過ぎ去ってしまう曲もあったりで少し物足りないかも。
 一方で2枚目のライブの過去曲の方が楽しめるか。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー