TM NETWORK / GORILLA FANKS?

イメージ
TM NETWORKの3枚目のアルバム。
 FANKSというキーワード(FUNK+PUNK+FANS)とのことですが、FUNKでPUNKkというとそこまでは感じませんでしたが、割とバンドスタイルの曲が目立つ感じです。
 曲的にはCome on Let's Danceのようなダンサブルな曲もありますが、目立つのがConfessionのようなバラード。しっとりしていて良い感じかと。


Thin Lizzy / Fighting 独自の音楽

 前作でツインリードな体制になりましたが、HR/HM的なツインリードな感じではなく基本的にはトリオ構成で隙間をツインリードで埋めるような雰囲気が近いのかも。コテコテなHR/HMというよりは独自のユルさが売りな感じ。
 ライブで定番のRosalieやWild Oneなどが入って曲的にも良いのですが、ちょっと変わった雰囲気のシャッフル For Those Who Love To Liveだったり、ワウのカッティングが絡んだ Fighting My Way Backだったり。

コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー