Cheap Trick / Next Position Please 低迷期ですが

イメージ
1983年 Cheap Trickの低迷期といわれる時代のアルバム。Cheap Trickらしい多彩な感じやこの時代特有の透明感がある。特に1曲目 I Can't Take Itですが、ヴォーカルのRobin Zanderの作曲。透き通るような真夏の日差しのような雰囲気と聴きやすい歌メロ。


LaidBack LEGXL エレキギター弦 009-042 エクストラライトゲージ 安いが・・・

 3セットで1000円以下の値段に惹かれて買ってみた。
 この手の安いものは良い思い出がないのですが、怖いもの見たさというか試したい気分になったというか。

(1セットで300数十円だったけどあえて3セットパック)


 開けてみて早速予想通り。

 アーニーボールあたりにある弦自体のピンとまっすぐに伸びようとする力がない。巻いてある弦を解いてもゆるりと伸びる。
 そして巻弦を強めに触ると指の形に弦が曲がる。

実際に貼ってみると・・・・新品のきらびやかな音はない。
 が、、ちょっと貼ってみてギターの確認くらいには良いかなと。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー