Annihilator / SET THE WORLD ON FIRE 硬質なスラッシュ

イメージ
カナダのスラッシュメタル、Annihilatorの3枚目のアルバム。なんというか硬質な音が印象的なバンド。Rushとかそれ系の硬質なギターの音とかっちりした演奏。そこにメロディアスな歌が乗る感じ。
 キラーはSOUND GOOD TO MEでしょうか。この手のバンドのバラードって不要論があるかもですが、この曲のギターのアルペジオの硬質な音がこのバンドの特徴のように思います。

Helloween / Rabbit Don't Come Easy 安心の1枚

 10枚目のスタジオアルバム。新ギタリスト加入な感じもありますが違和感なく期待するHelloweenな感じ。疾走系もありヘヴィーなリフもあり、前作のThe Dark Rideもよかったのですがそれよりも統一感とか密度が高い感じがします。
 1曲目の疾走系のJust a Little Signも良いのですが、結構良いのがHell Was Made in Heaven。四人編成の初期のHelloweenというかヘヴィーなリフに寂しげなヴォーカルが乗るあたり独特の哀愁があって。

コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー