Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Heavens Gate / IN CONTROL

 1989年 Heavens Gateのデビュー作。Helloweenの守護神伝が流行りジャーマンメタルが一般的になったあたりのデビュー。音的にも守護神伝的な雰囲気とJudas Priest的な雰囲気のミックスされた感じがオリジナルな雰囲気。
 Helloween的な雰囲気としては1曲目のイントロ曲から2曲目のスピードチューンIn Controlに繋がるあたり。この辺りはお約束な感じもありますがメタル好きとしては外せない。
 アルバムとしては速い曲とそうでない曲が交互に入っているので飽きずに聴ける1枚。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー