JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Helloween / Keeper Of The Seven Keys Part 2 こちらも名盤

 3枚目のアルバム。もともとKeeper Of The Seven Keys Part 1と同時リリースだったのが資金面の関係で別リリースになったとか。
 基本的な雰囲気はPart1と似た感じですがこちらの方がキラーチューンが詰まっている感じがして、どちらかを選べと言われればPart2を選んでしまう感じです。
 2曲目のEagle Fly FreeはPart1のI'm Aliveと似たようなスピードチューン。これは発売同時ロックを聞かない人でもなぜかこの曲は聞いたことがあると言ってくらい耳に残る曲。
 キラーチューンのもう1つがI Want Out。イントロのツインリードのリフですが、ギターだけを聞くとダサい。メジャーキーでピロピロと。でもなぜかベースとドラムが入ると途端にカッコよくなる。

コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利