Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Helloween / Keeper Of The Seven Keys Part 2 こちらも名盤

 3枚目のアルバム。もともとKeeper Of The Seven Keys Part 1と同時リリースだったのが資金面の関係で別リリースになったとか。
 基本的な雰囲気はPart1と似た感じですがこちらの方がキラーチューンが詰まっている感じがして、どちらかを選べと言われればPart2を選んでしまう感じです。
 2曲目のEagle Fly FreeはPart1のI'm Aliveと似たようなスピードチューン。これは発売同時ロックを聞かない人でもなぜかこの曲は聞いたことがあると言ってくらい耳に残る曲。
 キラーチューンのもう1つがI Want Out。イントロのツインリードのリフですが、ギターだけを聞くとダサい。メジャーキーでピロピロと。でもなぜかベースとドラムが入ると途端にカッコよくなる。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー