RED HOT CHILI PEPPERS / I'M WITH YOU 昔のよう

イメージ
前作までアルバムの雰囲気をリードしていたギターのジョンフルシャンテが脱退。ギター独特のコード感あるフレージングがポップな感じになっていたのですが、ギター交代により相対的にベースが前に出る感じに。最初期の音のようになりました。
 とは言いながらもサビの歌メロはポップだしスタジアムバンドとしての風格のようなものも残っています。

Helloween / Better Than Raw へヴィーな仕上がり

 前作がスピードチューンありバラードありのHelloween的な隙のない出来だったですが、今回はHelloweenのへヴィーな部分を凝縮したような感じに。
 様式美的に1曲目のイントロ的インストが入りますが、実質1曲目のPush。これがハード。ドラムに力が入っていますしヴォーカルのカナギリ声が凄まじく、これまでの曲とは違うと感じてしまいます。
 全体的にギターがザクザクしたヘヴィーな曲やスピードチューンが大半を占めている印象でとてもヘヴィーな出来。きっとHelloweenを聞いている人はこの手を求めているのかと。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー