Cheap Trick / Next Position Please 低迷期ですが

イメージ
1983年 Cheap Trickの低迷期といわれる時代のアルバム。Cheap Trickらしい多彩な感じやこの時代特有の透明感がある。特に1曲目 I Can't Take Itですが、ヴォーカルのRobin Zanderの作曲。透き通るような真夏の日差しのような雰囲気と聴きやすい歌メロ。


Helloween / Better Than Raw へヴィーな仕上がり

 前作がスピードチューンありバラードありのHelloween的な隙のない出来だったですが、今回はHelloweenのへヴィーな部分を凝縮したような感じに。
 様式美的に1曲目のイントロ的インストが入りますが、実質1曲目のPush。これがハード。ドラムに力が入っていますしヴォーカルのカナギリ声が凄まじく、これまでの曲とは違うと感じてしまいます。
 全体的にギターがザクザクしたヘヴィーな曲やスピードチューンが大半を占めている印象でとてもヘヴィーな出来。きっとHelloweenを聞いている人はこの手を求めているのかと。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー