The Cult / Electric ハードロックへ進化

イメージ
The Cult のサードアルバム。前作は浮遊感のある音でしたが、このアルバムからハードロック的にかっちりした音。ギターが前にでてキャッチーなリフが乗る曲が多い。イメージするならAC/DCでしょうか。
 冒頭のWild Flowerからどこかで聞いたAC/DCなリフ。リフだけ聞くとパクリなのですが曲として聞くとオリジナル然としてカッコ良い。これはこれでありなのではないでしょうか。

Helloween / Keeper Of The Seven Keys Part 1 メロスピ

 フルアルバムとしては2枚目、EPを入れると3枚目ですが、マイケルキスクが加入しキャッチーなハイトーンとツインギター、疾走形でドラマチックな展開とメロスピの先駆け。
 1曲目から続く2曲目のI'm Aliveはメロスピ様式美な曲。クラシカルなツインリードのギターソロがカッコ良い。6曲目のFuture Worldはミュート気味のリフに印象的なハイトーン。メジャーキーとマイナーキーを入れながらの不思議な歌メロ。続くHelloweenは壮大な大曲。ツインリードを活かしたソロでクラシカル流れがカッコ良い。




コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー