Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


Helloween / Keeper Of The Seven Keys Part 1 メロスピ

 フルアルバムとしては2枚目、EPを入れると3枚目ですが、マイケルキスクが加入しキャッチーなハイトーンとツインギター、疾走形でドラマチックな展開とメロスピの先駆け。
 1曲目から続く2曲目のI'm Aliveはメロスピ様式美な曲。クラシカルなツインリードのギターソロがカッコ良い。6曲目のFuture Worldはミュート気味のリフに印象的なハイトーン。メジャーキーとマイナーキーを入れながらの不思議な歌メロ。続くHelloweenは壮大な大曲。ツインリードを活かしたソロでクラシカル流れがカッコ良い。




コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー