Eric Clapton / SLOWHAND 名盤

イメージ
461 Ocean Boulevardは聞きどころも多いアルバムでしたが、それ以降はレゲエな感じでゆったりしており、エレキギターの熱いプレーは少なかったように思います。このアルバムでは再びエレキギターを前面に出した感じの音。
 曲もそろっていてWonderful TonightやLay Down Sally、Cocaineなど代表曲が含まれると。Cocaineはギターリフがしっかりしてカッコ良いしWonderful Tonightはイントロのスローは入りが完成されている感じ。

Heavens Gate / LIVIN' IN HYSTERIA メジャー感

 ドイツのメタルバンドHeavens Gateのセカンド。ファーストはちょっとB級くささがありましたが、今作は一気に垢抜けた感じ。
 1曲目のLivin' in Hysteriaの豪快なメタルチューンで幕開け。ポップなメロディとツインギター、フックのあるリフト名曲な雰囲気。
 その後もドラマチックな曲やゆったりした曲、バラードなど飽きない作りになっていて最後のGate of Heavenは正統派なメタル曲。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー