Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Whitesnake / Slide it in 復活作

復活作

 と個人的には思っています。
 前作では楽曲が良かったものの、メンバーや方向性が定まらなかった印象がありましたが、今回は明確にアメリカのヘアメタル的なポジションを狙っているように思います。
メンバーはこれ以降も定まりませんが・・・。

 音としては塊感のある圧力のある音。ブルージーな感じの音の隙間を楽しむ的な面もありますが、一体で出るところは出るのを意識した音。初期WSのブルージー感とアメリカ的なゴージャス感が上手みミックスされた良い感じの音。
 楽曲的にはミドルテンポで重心低め。目立たないですがメルギャレーが良い感じです。
 GamblerとかGuilty of LoveとかLove ain't No Strangerとか名曲が揃っています。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー