2016年10月6日木曜日

Whitesnake / Live : In The Shadow of The Blues ベストアルバム的ライブ

ベストアルバム的

 Whitesnakeの2006年のライブ盤。ダグアルドリッジとレブビーチをギターに従え、サーペンスアルバス的な音を求めた感じでしょうか。
 収録曲としては1曲目のBadBoysでイメージされるようにサーペンスアルバス、次のSlip of The Tongueあたりを中心としながらWaiking in The Shadow of The Bluesなどの古い名曲なども入れつつ、ライブ的にはDeep Purpleなども入った、80年代メタル期のWhitesnake的ベスト盤。

 ギターはダグアルドリッジがメインなのでしょうか。レスポールで弾きまくっている音。さすがに巧い。ただジョンサイクスのギターをかなり意識しているのかと。
 ヴォーカルはちょっと残念な感じ。年齢的なものもあるかもですが苦しそうで。

 後半4曲はダグアルドリッジと共作の新曲も収められています。これもジョンサイクス的な16分音符のルート音を挟みながらのリフが。

 Whitesnakeの再出発的な意味ではマストバイなアルバム。


0 件のコメント:

コメントを投稿