2016年10月12日水曜日

Aerosmith / Get Your Wings 飛べエアロスミス 相変わらず恥ずかしい邦題

キラーチューンはないが

 初期の手探りな感じが出ている初々しい感じのアルバム。
 ファーストアルバムもそうなのですがエアロスミスはこの時代のアメリカンなハードロックなのですが、グランドファンクレイルロードのようなラフだけど大音量の大陸的な音とはまったく違う気がします。もっと都会的な感じというか。

 アルバムとしてはキラーチューンがないのですがファーストよりもバンドの一体感がしっかりしてきたような印象で、1曲目のSame old Song and Danceからグルーブ感あるリフ。
 YARDBIRDSのカバーのTrain Kept a Rollin'、次のSeason of Witherではエモーショナルでしっとりした感じ。



0 件のコメント:

コメントを投稿