GARY MOORE / Still Got The Blues ブルースロック

イメージ
1990年、これまでのHR/HM路線から一転ピーターグリーンに譲り受けたとの59年レスポールでブルースロック。ブルーズと言ってもマシンガンピッキングがないというだけで基本線はこれまでと大きくは変わらないように聞こえます。タイトル曲のStill Got The Bluesもパリの散歩道のようだと入れるとその通りで、何か新しいジャンルに飛び込んだかと言われるとそうではない気がします。HR/HMであってもブルーズと言われてもGARY MOOREの売りは泣きのギターでしょう。

Aerosmith / Get Your Wings 飛べエアロスミス 相変わらず恥ずかしい邦題

キラーチューンはないが

 初期の手探りな感じが出ている初々しい感じのアルバム。
 ファーストアルバムもそうなのですがエアロスミスはこの時代のアメリカンなハードロックなのですが、グランドファンクレイルロードのようなラフだけど大音量の大陸的な音とはまったく違う気がします。もっと都会的な感じというか。

 アルバムとしてはキラーチューンがないのですがファーストよりもバンドの一体感がしっかりしてきたような印象で、1曲目のSame old Song and Danceからグルーブ感あるリフ。
 YARDBIRDSのカバーのTrain Kept a Rollin'、次のSeason of Witherではエモーショナルでしっとりした感じ。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー