Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Mr.Big / RAW LIKE SUSHI II これ良いです!

ライブバンドです。

 セカンドアルバムが出た後のライブ版で基本的にはセカンドからの選曲です。

 一枚目のRAW LIKE SUSHIと同様にライブバンドとして、生の音っぽい作りになっています。もちろんライブなので各自のアドリブなどによる演奏も多く演奏自体を楽しんでいる雰囲気が伝わります。
 特にテンション高い感じなるのが5曲目のベースソロから。ベースソロ後半にギターが絡んできてベースとギターの掛け合いに。そしてユニゾンになり次曲のShyboy。

 選曲でもDeep Purpleの名曲が入っているのがライブバンドっぽい。


 ギター的にびっくりだったのがPGのギターソロ。
 何がびっくりって出だしのコード。

 C#!!
 
 普通はAとかEだと思うのですが・・・。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー