ANGRA / Temple of Shadows 名盤

イメージ
ANGRA 5枚目のアルバム。押し出しの強い曲が目白押しで捨て曲なしの名盤。これまでのAMGRAはどちらかというとCARRY ONやNOVA ERAなど実質1曲目にキラーチューンを持ってきて、後半は少し印象が薄くなる感じもありましたが、今回は後半の勢いもすごい。
 6曲目のTemple of Hateは高速チューン。カイハンセンが歌っているのですが、それだけでブラジルから北欧に変わった感じ。ANGRAっぽくはないのですが新しい流れ。9曲目のWinds of Destinationはクラシカルな感じで展開美が素晴らしい。


Mr.Big / ACTUAL SIZE アダルトな雰囲気

大人向けのアルバムか

 Mr.Bigの6枚目、Richie Kotzenが入って2枚目。
 Get Over Itと比べてもまた雰囲気違います。前作はブルージーな骨太なロックな感じもしたのですが、こちらは大人なポップアルバムな雰囲気です。

 アルバムとしての出来とかバランスとかは良いのかもしれませんが、メンバーの個性があまり出ていない気がします。なんというかRichieのソロアルバムのような。

 ギターは相変わらずうまいです。歪んでなく重心が高い感じの音。この音がバンドの音に溶け込んでハスキーな歌によく合っています。低音がブミーになりそうな一歩手前でうまく抑えていて良い音です。

 Mr.Bigというと「勢い」とか「前に出る」感じが欲しかったりしますが、全体的にメジャーキーの曲も多く大人な感じにまとまっていて良いです。

落ち着いた感じの大人な曲

Lost in America
PG期であれば1曲目にはこないであろう曲。勢いというよりは一歩引いて壮大に歌い上げる雰囲気が良い感じ。

Wake Up
サビのメジャーキーがノリノリになります。

Shine
Richieのソロアルバムにも入っていた気がします。ポップで名曲だと思います。




コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー