Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

AC/DC Black Ice 今風のACDC

少し湿った音

 発売と同時に買いました。最初に聴いた印象としては曲調やギターリフ、歌はいつもの通りだったのですが、ギターの音が違っていると。
 乾いた感じではなくどちらかというと湿った感じでいつもよりもちょっとだけ歪みが多くて、重心が低めの音。

 このギターの音の影響か、アルバム全体の印象としても今風なヘビーな音に仕上がっています気がします。


ミドルテンポの佳曲

Rock'n Roll Train
イントロのリフがサビの歌メロにつながっていると。その曲のまとまり感に関心。



Anything Goes
ポップな感じの曲。ギターソロがカッコ良い。



War Machine
イントロのクランチなギターがカッコ良い。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー