Jim Dunlop SUPERLUBE GEL PEN レビュー

イメージ
ギターのナット部分でチューニングがずれてくるのはわかっていたので、ナットの滑りを良くする潤滑剤を買ってみた。

 楽器屋を探して売っていたのはコレ。

 Jim DunlopのSUPERLUBE GEL PENというもの。  事前にネットで調べた製品はなく、どの店に行ってもこの製品ばかり。
 ペンのようになっていて、ペン先部分がシリコンのヘラのような形状。先から潤滑剤が出てくるのでそのペン先で塗って行けると。
 実際試したところ、平面なものに塗るのは良い感じの形状ですが、非常に柔らかいので細かいところに塗るのは不便かな。ナットの溝など細かいところに塗る場合にはペン先から出る潤滑剤を爪楊枝のようなものですくって塗るというのが良いかも。
 触った感じはサラサラで確かに滑るが良くなる感じ。
 塗ったすぐ後試してみましたが、チューニングの安定性は多少良くなった気もしますが・・・もっと安定するかどうかは安定するかどうかは馴染ませて置いておいてかな。



Dokken / Beast from The East これは名盤!!!

ベストアルバム的な

 Dokkenの1つの区切り的なライブ版。

 このアルバムって高校生の頃に初めて買ったDokkenのアルバム。もちろんそれまでYoungGuitar誌を読んでいて、Dokkenとかジョージリンチって名前は知っていたのですが実際に買ったのはこのアルバムが最初。なぜスタジオ版ではなくこれを買ったかというとジャケットに惹かれたから。
 このライブ盤を最初に聞いたのでDokkenの印象がこのライブ盤な訳です。

 特に印象に残ったのはギターの凄さ。最初に聞いたのがもしスタジオ盤だったのであればそこまで印象に残らなかったような気がしますしDokkenにはハマらなかったかもしれません。
 もちろん哀愁メロディとか美声コーラスとかも聴きこむ1つのきっかけですが。

 そのうちにいろいろ聞いてくると、他のバンドのライブ盤とは違う感じがしてくるわけです。歌とギターの衝突感がすごいというか、ギターが歌に気を使っていないというか。

 よくあるのはギターは歌に気をつかって、歌のバックでは少しミドルを落としたり、全体的に混ざりやすい音にしてヴォーカルが歌いやすいようにしたりするかと思うのですが、そのようなものがあまり聞かれない。この辺りがないのは逆に清々しい感じがします。

 曲もベストアルバム的ですし、プレーも80年代HR/HMのバイブル的な感じだと思いますのでこれは生涯聞くことになるアルバムかと。

これは聞くべき!

前半
 Under Lock and Keyの1曲目、Unchain The Nightからスタート。歌の1音目が外しているのか狙っているのかわからない微妙なピッチで入ってくるのが期待通り。
 そこからTooth and  Nailで一気にテンション上がります。このギターソロのタッピングはスタジオ版では聞かれない音の太さ。圧巻です。
 名曲DreamWarriorsを経てKiss of Death。ここまでで一気に聞いてしまう勢い。

中盤
 When Heaven Comes Downでちょっと一休み。Into The Fireの曲のタイトル連呼なサビでDokkenを感じつつ、Mr.Scary。

終盤
 Heaven Sent、It's not Love、Alone Againと少しまったりした感じを挟みつつ、Just Got Luckyのイントロで目が覚めます。Breaking The Chainsから最後はIn My Dreams。この順で聞くとIn My Dreamsのイントロのコーラスが何か悲しげに聞こえてしまいます。夏祭りの終わりか夏休み最後のイベントのような卒業的なような。

ボーナルトラック的に
 1曲入っています。このWalk Awayというのがさらに悲しくなる。





コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足