ANGRA / Temple of Shadows 名盤

イメージ
ANGRA 5枚目のアルバム。押し出しの強い曲が目白押しで捨て曲なしの名盤。これまでのAMGRAはどちらかというとCARRY ONやNOVA ERAなど実質1曲目にキラーチューンを持ってきて、後半は少し印象が薄くなる感じもありましたが、今回は後半の勢いもすごい。
 6曲目のTemple of Hateは高速チューン。カイハンセンが歌っているのですが、それだけでブラジルから北欧に変わった感じ。ANGRAっぽくはないのですが新しい流れ。9曲目のWinds of Destinationはクラシカルな感じで展開美が素晴らしい。


Black Country Communion / Afterglow 少し落ち着いて

少し落ち着いた雰囲気

 3枚目のアルバム。
 セカンドでバンドの一体感と勢いが詰まって名盤になったような気がしますが、サードになって少し落ち着いた感じがします。

 前作にあった疾走感とか爽快感みたいなのは少なくなって、ドラムとベースリフで押してくる感じに戻った気がします。
 結果としてオルガン系の音が減っているような気がしますし、ギターも必要以上に弾かない感じが。個人的にはセカンドの全員で頑張った感が楽しいと思うので、サポートメンバー的なプレーだとちょっとがっかりです。

 ただその分ベース、ドラム、ヴォーカルが前に出ています。ドラムとベースだけでご飯が食べられる人には良いアルバムかと。
 これで解散なのは残念。

曲レビュー

Big Train
全員のユニゾンのキメが特徴的。間奏のギターがカッコ良い。

This is Your Time
ミドルテンポでリフで攻めてきます。終盤のサビでのグレンヒューズのシャウトがカッコ良い。

Midnight Sun
イントロがVan HalenのLittle Guitarを思い出してしまいました。

Confessor
メインリフの休符のところにスネアが入るのが良い。

Afterglow
アコースティックの柔らかいギターイントロに同じトーンで歌が入る。Zeppelin風のリズムでドラムが入り、ベビーなリフ。曲の展開とヴォーカルの盛り上がりが素晴らしい。





コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー