ESP TH-200M ちょうど良い大きさ

イメージ
BOSS WL-20のホルダーを求めて もう2年くらい使っているBOSSのワイヤレスシステム。安くて安定していて音も不自然なくとても良いのですが、やっぱりギターから直接生えている感じは見た目的にいただけない。  そのため当初から短いシールドとフォーンプラグの延長用のコネクタを使って他のワイヤレルのようにストラップに付けたい。
 課題になるのはワイヤレス送信機ホルダー。  ギターに直接挿すのが基本でしょうから純正品や専用品は出ていない模様。何かで代替するほかないと。  当初使っていたのはホームセンターで売っていたドライバーなどをベルトにつけるもの。これな内容的には良かったのですが、サイズが大きかった。小さいワイヤレス送信機に対して存在感ありすぎた。
ESPのホルダーを買ってみた 調べるとESPから小さめのホルダーが出ている様子。割とお手頃な値段で売っていたので買ってみた。 (皮製でしっかり)
 ポイントは送信機を包み込むように包んでゴム製の輪っかで縛る。なので特定の製品専用ではなく汎用的に様々な大きさに使える感じ。

(WL-20を包んだところ)

 WL-20の送信機はかなり小型なので、包むには縛っている輪ゴムを二重に巻く必要があります。これでも多少大きさに余裕はありますが隙間から抜け落ちたりするような感じもなく、安定感もあると。  ちょうどよく下部にある穴かフォーン延長コネクタを通すことができデザイン的にも良い感じ。
 とても小さく目立たなくなったワイヤレス送信機ホルダー。これでしばらくは使ってみようか。どうせならBOSSで純正品を出してくれれば良いのに。


Mr.Big / Lean Into It これは名盤

代表アルバム

 Mr.Bigのセカンド。代表アルバムで目指したものの完成系のような気がします。

 1stであったメンバー間のちょっと様子見的な音がなくなってバンドとして1つの音になったような気がします。今日もキラーチューン多数で特に個々の技量よりもバンドとしての音とかまとまりとかメロディを詰めたような。

 1曲目のDaddy Brotherでテクニカルでスリリングな面を出しつつも、後半は歌物に変わって行くと。当時のYoungGuitarのPGのインタビューで「テクニカルな面を注目してほしくない」「メロディとか雰囲気を聞いてほしい」とのコメントがあったのを覚えていますが、そのコメント通りJust Take My Heartなんかは以降のアルバムの方向性を決めた曲のような気もします。

 あとは最後のTo Be With You。これは当時のPOPS系のコンピレーションアルバムにも収録されていたりで、ロックを聴かない人にもMr.Bigの名前が知れたりで世間的には代表曲に。
 ロックに詳しくない人から「Mr.Bigと言えばTo Be With You」のように言われたりするとちょっと微妙な気分にもなります。

キラーチューン盛りだくさん

Daddy, Brother, Lover, Little Boy [The Electric Drill Song]
このアルバムのキラーチューン。ドリルを使ったソロが見せ場。

Alive and Kickin
イントロのギターリフが特徴的。

Green-Tinted Sixties Mind
Young Guitarの本人奏法解説で、イントロのタッピングがどうしてもノイズが出てしまい1弦、2弦だけ張ったギターで録音したと言っていたのを憶えています。

Just Take My Heart
クリーントーンのフレットに打ち付ける感じの弾き方がカッコ良い。美メロで今後のMr.Bigを象徴するような曲。


To Be With You
これは言うまでもない代表曲。シンプルだけどカッコ良い。





コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利