Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

EUROPE / WINGS of TOMORROW 少し地味ですが良い曲あります

地味なセカンド

 84年のEUROPEのセカンド。
 
 ちょっと地味ですね。1stの勢いと3rdのキラーチューンに挟まれている感じがします。
 ただこれぞ北欧メタルというべき雰囲気とか音とかを聞かせます。

 何より曲や音が一気に垢抜けました。このアルバムでそれっぽいバンドの音が完成しましたし、ジョーイテンペストの歌も1stにあった迷いのようなものがなくなって自分の売りはどこかというのが定まったような気がします。

 曲的にもロックな曲とバラードな織り交ぜながらアルバムとしてのまとまりを考えた感じでしょうか。

シングルコイルが鳴っています

1曲目
イントロのギターリードからのリフがカッコ良い。シングルコイルの良い音がしています。

2曲目
これもロックチューン。

3曲目
アコースティックギターと美声を合わせたバラード。EUROPEらしい。

6曲目
タイトル曲。イントロのザクザクしたリフに美声の歌をかぶせるのがカッコ良い。ちょっとサビが弱い感じもしますが。




コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー