Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Mr.Big / AT THE HARD ROCK LIVE もっとゆったりしてほしいかな

ベスト盤的アコースティック

 選曲的にはPG期のベスト選曲的なアコースティックライブ。
エレクトリックとは違うゆったりとした柔らかい雰囲気で曲自体やハーモニーの良さが目立ちます。

 To Be With YouとかWild Worldとかまさにな感じ。

 ただちょっと残念なのがPGのギターがエレアコ。アコースティックなので当たり前なのですが、ギターソロが無理やりすぎるというのが。超絶に上手いのですが間奏のリードソロではなくゆったりした雰囲気でまとまっていると良かったなと。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー