2017年6月3日土曜日

Suhr Koko BoostとXotic EP-boosterのクリーンブースト比較

クリーンブースト比較

 最近はMarshallをクランチに設定しIbanezのTS miniをブースターとして入れています。
 TS miniはDriveがゼロ、Levelが最大、トーンは3時くらいにしてトーンシェイパーとして上と下をカットしてミドルを出すような感じ。

 それだけでサステインは十分ですし音も前に出てくれるのですが、メタル系で低音弦の単音リフやパワーコード系を弾くともう少し歪みが欲しい時もあります。
 その時にはTS miniの前段にクリーンブーストを踏んで歪みをアップするようにしています。

TS miniとの相性はどちらが良いのか

 SuhrのKoko BoostとXotic EP-booster。両方ともクリーンブーストなのですが、どちらが良いのか気になり試してみました。
 
 TS miniのセッティングは上記の通りで、ここに単純にブーストさせて行きます。
 EP-boosterの内部ディップスイッチの設定はVintage SettingとされるBrightとBass Boostの両方スイッチはオフ。

EP-booster

 全体にアウトプットレベルが上がって歪みが上がります。ただよく聞くとベースの上がりが大きい感じがして音が丸くなる感じもあります。音の周りの空気感も含めてブーストされる感じ。以前少しカリカリな音のアンプをブーストさせた時には適度に音が太くなる感じもあって良かったのですが、TS miniをブーストさせると脂肪分までブーストされるような感じがします。

 Suhr Koko Boost

 こちらは音の中心というか芯の部分がブーストされる感じがありました。音に立体感が出るというか綺麗に前に出る感じになります。音の細い感じのアンプのブーストですと冷たい感じもしましたがTS miniとの相性は良い感じです。

総評

 TS miniのブースターとしてはKoko boostが良い感じでしたのでしばらくはこのセッティングで。
 クリーンブーストと言いつつも実際につなぐと音はそれなりに違います。ブーストさせる対象や狙う音などで試すのが良いかなと思いますが。その中でもKoko Boostはちょっと値段が高いのですがMid Boostもありますので1台あると何かと便利なアイテム。


0 件のコメント:

コメントを投稿