Annihilator / SET THE WORLD ON FIRE 硬質なスラッシュ

イメージ
カナダのスラッシュメタル、Annihilatorの3枚目のアルバム。なんというか硬質な音が印象的なバンド。Rushとかそれ系の硬質なギターの音とかっちりした演奏。そこにメロディアスな歌が乗る感じ。
 キラーはSOUND GOOD TO MEでしょうか。この手のバンドのバラードって不要論があるかもですが、この曲のギターのアルペジオの硬質な音がこのバンドの特徴のように思います。

LOUDNESS / DEVIL SOLDIER~戦慄の奇跡~ ダークな感じ

音的には

 ファーストの延長になりますが、雰囲気はダークな感じ。
 聴きどころはドラムでしょうか。曲も一部になっているドラムのフレーズ。1曲目のLonely Playerのイントロからハードロック的なキメが。4曲目のGirlも同じ感じ。このフレーズでないとこの曲が始まらない感じが良い。
 楽曲的には最後のDevil SoldierがファーストのTo Be Demonの流れの大曲。プログレな展開が面白い。この手の曲ではベースのフレージングが重要ですが、しっかり曲の中心を作る感じが聴きどころ。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー