Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Stevie Salas / Shapeshifter 実験的な

実験的な

 前半はStevie Salas的な感じ。1曲目のCrackstarはいかにもな感じのFunk Rock。腕っ節が強い感じで前に出てきます。4曲目くらいから実験的な感じというか現代的な感じというか雰囲気が変わってきます。Dogboy Bluesでは打ち込み系でしょうか。これまでにはない系の音が入ってきますし、9曲目はDavid Bowieのカバーでしょうか。David Bowieってのが意外でした。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー