BOØWY / PSYCHOPATH 出来は良いのですが

イメージ
BOØWYのラストアルバム。音も曲も良いのですがちょっと無機質な感じがあります。前半メジャーキーな曲が並び、後半はマイナーキーが並ぶ構成でなんとなく解散に向かう雰囲気を感じます。
 個人的にはFANTASIC STORYがカッコ良い。サビに入るところのガラッと変わる展開がカッコ良い。この展開が耳に残る。

Stevie Ray Vaughan / Soul to Soul キーボードが増える

新しい形

 SRVの3枚目のアルバム。
 このアルバムからキーボードが増えます。これまでもホーンが入っている曲などもありましたが、安定してオルガンの音などが入るようになり少し派手になりました。
 1曲目のSay What!から強烈なワウがびっくり。普通のワウよりも効きが強い感じがします。ワウって踏み方が悪いとキンキンになったりモコモコすぎたりで安定させるのが難しいのですがうまくコントロールしている感じ。
 4曲目のAin't Gone 'N' Give Up on Loveなんかはスローな味わいのある曲。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

Suhr RIOT mini レビュー

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足