LOUDNESS / KING OF PAIN 因果応報 これまでにないドラム

イメージ
LOUDNESS 23枚目のアルバム。ドラムを前面に出した感じがします。
 イントロ曲から続く2曲目のTHE KING OF PAINはイントロからドラムのツーバスでイメージ的にはJudas PreastがPainkillerでガラッと変わった感じがします。これにすっきりしたギターリフ。続く3曲目のPOWER OF DEATHは第2期にありそうなイメージ。一聴すると第1期、第2期くらいの印象なのですが、歌は再結成後の歌メロなイメージで新しい組み合わせ。以前の低音がドロドロした感じのアルバムよりもずっと良い。


Stevie Salas Colorcode / The Sometimes Almost Never Was デジタル

全体的には

 デジタルな感じも残りつつも前作にあったような疾走感やファンク感も残っているのが面白い。2曲目のKickbackなんかはこのアルバムを代表するべき曲でしょうか。ファンキーなアナログギターリフとデジタルな感じのリズムが融合した感じがあります。
 続く3曲目もデジタルな感じもあります。でもその辺りと融合できるのはファンクなギターならではな感じでしょうか。



コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利