The Cult / Electric ハードロックへ進化

イメージ
The Cult のサードアルバム。前作は浮遊感のある音でしたが、このアルバムからハードロック的にかっちりした音。ギターが前にでてキャッチーなリフが乗る曲が多い。イメージするならAC/DCでしょうか。
 冒頭のWild Flowerからどこかで聞いたAC/DCなリフ。リフだけ聞くとパクリなのですが曲として聞くとオリジナル然としてカッコ良い。これはこれでありなのではないでしょうか。

Stevie Salas Presents / THE ELECTRIC POW WOW カッコ良いアルバム

こいつはカッコ良すぎる

 半分以上がカバー曲ですが、豪華なゲストとともに楽しそうな感じで良いアルバム。
 1曲目のYou Can't Judge A Bookでは出だしからカッコ良いカッティングでテンション上がります。リードがRichie Kotzen。Stevie Salasはスライドギター。4曲目のI Was Made to Love herではGlenn Hughesがヴォーカル。これも熱があってカッコ良い。
 Teenage Love AffairではZakk Wyldeとツインギター。それ以外にも厚見玲衣など色々聞きごたえがあるアルバム。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー