JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


LOUDNESS / THE LAW OF DEVIL'S LAND~魔界典章~ 初期の完成形

初期の名盤

 ラウドネスの3枚目。
 初期のプログレッシブロックな感じが入ったアルバムの完成形。リズムが凝った構成にギターの音も歪みが少なくエッジの丸い音。ヴォーカルも無理に上に引っ張る感じの歌い方。この辺りが初期の音。
 初期の音を残しつつも次のアルバム以降のテクニカル路線に少しづつ変わってゆく感じ。2曲目のIn The Mirrorなんかは今でもラウドネスの代表曲。タイトル曲のTHE LAW OF DEVIL'S LANDなんかも名曲かと。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

EP boosterのディップスイッチ