Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

LOUDNESS / DISILLUSION~撃剣霊化~ テクニカル系ギター

テクニカル系ギター

 ラウドネスの4枚目。このアルバムからギターの音やスタイルが大きく変わった気がします。エッジの効いた音で80年代のHR/HM的なギターリフ。ソロではテクニカルなキメフレーズ随所に入り、ギターヒーロー的な印象が固まった感じかと。
 曲自体は8ビートな感じが多くなったりで凝ったリズムというよりは疾走感やドライブ感を出す曲が増えている気がします。
 1曲目のCrazy Doctorから8ビートのノリノリ、エッジの効いたギターリフ、間奏の出だしのギターだけのキメ。この頃のラウドネスを象徴する曲。
 そのほかの曲も捨て曲なくEsperやらDream Fantasyやら名曲が続くと。ラストのアレスの嘆きもしっとりしていてラストを締めるには良い曲。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー