Eric Clapton / Backless ストラトの音

イメージ
Creamの頃やLaylaのような弾きまくりのギターはありませんが、要所でストラトの良い音が響くアルバム。ギターだけ聞くと地味かと思いますが、その分ヴォーカルが目立っているかと。

Stevie Salas Colorcode / Be What it is ロックアルバム

ロック色が強い

 このアルバムはファンクというよりはロックの割合が高いアルバム。かなり好きな感じのアルバム。この曲のキラーチューンは3曲目のHead on Collisionでしょうか。稲葉浩志のPeace of Mindの正面衝突の別バージョン。ノリノリの単音リフのイントロからファンクなAメロ、サビはメロディアスに。ただ稲葉浩志が歌っているのはサビだけでしょうか。サビで突然声が変わるのが気になります。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー