Cheap Trick / Next Position Please 低迷期ですが

イメージ
1983年 Cheap Trickの低迷期といわれる時代のアルバム。Cheap Trickらしい多彩な感じやこの時代特有の透明感がある。特に1曲目 I Can't Take Itですが、ヴォーカルのRobin Zanderの作曲。透き通るような真夏の日差しのような雰囲気と聴きやすい歌メロ。


Ozzy Osbourne / Scream 新たなギタリスト

違うタイプ

 ギタリストがザックワイルドからガスGに変わりました。また違うタイプのギタリスト。ザックワイルドは我が道を往くヘビーなギター。これに対して正統派なメタルギタリストな感じです。
 フラッシーな感じもありつつ、ハーモニックマイナー的なフレージングもあり音もモダンな感じに。多少このアルバムではザックワイルドを意識した音になっていますがFirewindを聞くと正統派な感じで前に出るタイプかと。

 1曲目のLet it Die イントロからギターのカッコよいフレージング。期待しつつアルバムを通して聞いても期待に違わず前作までのモダンヘヴィネスから古き良き時代のロックを今風にした感じ。
 最後のI Love You Allが嫌に染み入ります。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー