Sammy Hagar / VOA ヴォイスオフアメリカ

イメージ
ドライブ感あってキャッチーなメロディーで、伸びやかなハイトーンのハードポップ。こんな流れを作った感じのSammy Hagar。まさにVoice of Americaなわけですがそれをアルバムのタイトルにしたのがこれ。モントローズやのちに加入するVan Halenにも繋がるような疾走感と透明感のある音。
 1曲目のI Can't Drive 55はそんな疾走感の名曲。壮大なアメリカンな感じに途中の中国風の音階がひねった感じでカッコ良い。



Ozzy Osbourne / Live At Budokan まあこれはこれで

楽器陣は素晴らしい

 最近のライブ。声の都合かダウンチューニングでしょうか。1曲目のI Don't Knowがはじまた瞬間に違和感がありました。Down to Earthくらいの曲であればダウンチューニングも良いのですが、初期の曲はできるだけレギュラーか半音下げくらいの方が合うかと思います。初期の軽快な感じがダウンチューニングだと締まりが無くなる気がします。

 ただ最後近くのBark at The Moonはカッコ良い。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー