The Beatles / Beatles for Sale 隠れ名盤

イメージ
前作 A Hard Days Nightでは全曲オリジナルだったのが今回はカバー6曲。他のアルバムに比べると地味な感じもありますがこれまでのポップポップした感じからロック的な雰囲気に変化しようとしている名盤。1曲目のNo Replyからロックにありそうな重めで哀愁ある雰囲気。


Ozzy Osbourne / Live At Budokan まあこれはこれで

楽器陣は素晴らしい

 最近のライブ。声の都合かダウンチューニングでしょうか。1曲目のI Don't Knowがはじまた瞬間に違和感がありました。Down to Earthくらいの曲であればダウンチューニングも良いのですが、初期の曲はできるだけレギュラーか半音下げくらいの方が合うかと思います。初期の軽快な感じがダウンチューニングだと締まりが無くなる気がします。

 ただ最後近くのBark at The Moonはカッコ良い。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー