TM NETWORK / GORILLA FANKS?

イメージ
TM NETWORKの3枚目のアルバム。
 FANKSというキーワード(FUNK+PUNK+FANS)とのことですが、FUNKでPUNKkというとそこまでは感じませんでしたが、割とバンドスタイルの曲が目立つ感じです。
 曲的にはCome on Let's Danceのようなダンサブルな曲もありますが、目立つのがConfessionのようなバラード。しっとりしていて良い感じかと。


Ozzy Osbourne / Just Say Ozzy パンチのあるギター

パワーのあるギター

 No Rest For The Wickedのリリース後のライブアルバム。ザックワイルドのギターが存分に聞けます。バンドの演奏が上手いのは当たり前なのですが、やはりザックのギターがすごい。ソロのピッキングが目を見張る。あれだけ低くギターを構えて正確で速いピッキングというのはなかなかないです。またスタジオ版と異なりギターのコーラスも強いです。MiracleManなんてうねっている感じ。EMGのピックアップとマッチしてエレキギターっぽくない感じが出てそれも良しかと。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー