Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Bon Jovi / New Jersey 全盛期

前作に続き

 名盤。Bonjoviの全盛期。
 ハードロックがキラキラしていた80年代の格好良さが詰まった感じ。
 Lay Your Hands on MeとかBad Medicine、Born to be My Babyとか今聞いても古くない感じが素晴らしい。
 共通しているのは構成は単調でコード感もシンプル。その分良いメロディと勢いがある。

 個人的なキラーチューンはI'll Be There for You。この曲のコーラスだけでご飯が食べられる。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー