Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Ozzy Osbourne / Speak of The Devil ブラックサバスの曲のライブ

Ozzy名義ですが

 全曲ブラックサバスの曲でのライブアルバム。ランディが亡き後にブラッドギルスがギターで加入。全体の音的にはLAメタル的なタイトで軽快な感じでブラックサバスの曲がプレーされています。
 リズム隊も安定しているしギターもブラッドギルスらしい派手なアーミングもあったりで聞いていて楽しい。何よりこの頃のオジーは声が出ている感じがします。オリジナルの悪魔的な感じというよりはドライでドライブ感の効いたサバスも楽しい。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー