Cheap Trick / Next Position Please 低迷期ですが

イメージ
1983年 Cheap Trickの低迷期といわれる時代のアルバム。Cheap Trickらしい多彩な感じやこの時代特有の透明感がある。特に1曲目 I Can't Take Itですが、ヴォーカルのRobin Zanderの作曲。透き通るような真夏の日差しのような雰囲気と聴きやすい歌メロ。


Bon Jovi / Keep The Faith 聴き込むと名盤

正直なところ

 最初に聞いた時にはパッとしませんでした。
 でも聞きこむと1、2を争うくらいの名盤と思うようになりました。
 それまでの聞きやすくてわかりやすいタイプの曲ではなく、ちょっとひねった曲だったり玄人受けするようなアルバムの印象。

 4曲目のIn These Armsなんかはゆったりした雰囲気の中に徐々に緊張感が出てくるタイプの曲。これまでのBad MedicineとかLivin on a Prayerとかにはない雰囲気。
 個人的にはキラーチューンは7曲目のDry County。ゆったりした雰囲気でわかりやすいメロディ。この頃のキーボードのオブリのフレーズはAlwaysとかも同じ雰囲気ですね。
 この曲でカッコ良いのは間奏以降。それまでの曲調のまま間奏に入り、ゆったりしたギターのフロントピックアップのソロの後にテンポが倍になりテンション上がるソロ。この部分だけでこのアルバム1枚の価値がある。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー