The Beatles / Beatles for Sale 隠れ名盤

イメージ
前作 A Hard Days Nightでは全曲オリジナルだったのが今回はカバー6曲。他のアルバムに比べると地味な感じもありますがこれまでのポップポップした感じからロック的な雰囲気に変化しようとしている名盤。1曲目のNo Replyからロックにありそうな重めで哀愁ある雰囲気。


Bon Jovi / Slippery When Wet 名盤

稀代の名盤

 BonJoviのサード。言わずもがな名盤。
 アルバム全曲がキラーチューン。
 前2作に比べるとよりリッチーサンボラが前に出てきた感じがします。曲のメインがギターリフになってきたりとかソロパートもしっかりしてきたりとか。何よりもコーラスでの存在感が大きくなっています。歌が上手いってカッコ良いですね。
 名曲のLivin' on a Prayerは使っているコードはシンプルだし構成も簡単。その分良いメロディとコーラスが目立つ。Wanted Dead or Aliveなんて土着な感じでカッコ良い。リッチーサンボラのバッキングボーカルがカッコ良い。
 曲の後半はNever Say Goodbye、Wild in The Streetsと締めもカッコ良い名盤。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー