Sammy Hagar / VOA ヴォイスオフアメリカ

イメージ
ドライブ感あってキャッチーなメロディーで、伸びやかなハイトーンのハードポップ。こんな流れを作った感じのSammy Hagar。まさにVoice of Americaなわけですがそれをアルバムのタイトルにしたのがこれ。モントローズやのちに加入するVan Halenにも繋がるような疾走感と透明感のある音。
 1曲目のI Can't Drive 55はそんな疾走感の名曲。壮大なアメリカンな感じに途中の中国風の音階がひねった感じでカッコ良い。



Bon Jovi / Slippery When Wet 名盤

稀代の名盤

 BonJoviのサード。言わずもがな名盤。
 アルバム全曲がキラーチューン。
 前2作に比べるとよりリッチーサンボラが前に出てきた感じがします。曲のメインがギターリフになってきたりとかソロパートもしっかりしてきたりとか。何よりもコーラスでの存在感が大きくなっています。歌が上手いってカッコ良いですね。
 名曲のLivin' on a Prayerは使っているコードはシンプルだし構成も簡単。その分良いメロディとコーラスが目立つ。Wanted Dead or Aliveなんて土着な感じでカッコ良い。リッチーサンボラのバッキングボーカルがカッコ良い。
 曲の後半はNever Say Goodbye、Wild in The Streetsと締めもカッコ良い名盤。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー