2016年12月9日金曜日

Ozzy Osbourne / Ozzmosis 微妙な感じ

華がないか

 これまでとは全く曲調が異なります。
 モダンヘヴィネスとでもいうのでしょうか。とにかく楽器陣の重心が低く、これまでのザック期にあった押せ押せ感がありません。
 アルバムをスタートさせ1曲目のPerry Masonを聞いた時にこれがオジー流のモダンヘヴィネスかと思いましたが、以降聴き進めると様々なタイプの曲が出てきます。キラーチューンというか、ギタリストが生き生きしている部分がない感じもしますが、メロディックでもあり聴きこむと良さがわかるアルバム。





 

0 件のコメント:

コメントを投稿