Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

WHITESNAKE / Saints and Sinners 隠れた名盤

本来のWhitesnake

 このアルバムを聞いたのは当然Whitesnake白蛇の紋章を聞いた後ですが・・・。
実際に聞くとこちらの方が本物のような気がします。
 もちろん白蛇の紋章の方が売れたしキャッチーなのですが、1曲1曲を聴くと芯があるのはこちらの方かと。

 ただ曲の芯はあるのですが、アルバムとして聞くと纏まりはなく、つまらないアルバムかなと思ってしまったりもします。曲は良いんだけどパッションがないというか・・・。


曲としては

 1曲目のYoung Blood。ライブ映えしそうな良い曲と思います。イントロのギターリフは単純で、その上に乗ってくるヴォーカルも単純なラインでストレート感あります。

 2曲目はシャッフルリズムのロックなイントロにファンクなヴォーカルが入ります。アドリブ感があって楽しいです。

 この流れで曲的にはまとまったアルバムかと。

キラーチューンはこの2曲

 このアルバムのキラーチューンとしてはやはりこの2曲ですね。

Here I Go Again
 今時の白蛇の紋章しか聞いていない方には是非聴いていただきたい。基本的な雰囲気は同じなのですが、間奏のギターがこちらの方が雰囲気あると思います。
 白蛇の紋章は良くも悪くもギターアルバムなので間奏がギターソロとしてフューチャーされていますが、この曲は明確なソロよりは雰囲気モノとして合わさった方がマッチしているかと。

Crying in The Rain
 曲の雰囲気は白蛇の紋章と同じ。個人的には演奏は白蛇の紋章の方がゴージャスな感じがして好きです。
 でも名曲です。なんというかSaints and Sinnersのバージョンも抑えた感じが良いんですね。ブチ切れるのを我慢した感じが。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー