VEMURAM Jan Ray レビュー

イメージ
上品オーバードライブ 巷で評判、自作でコピー物を作っている人もいるらしい人気オーバードライブ。ネットの動画などを見ていても良い音な感じがするので購入。


 サイズはよくあるMXRサイズ、コントロールは4つと上部にトリマーあり。アダプターの位置はちょっと変わっていて左下。  マーシャル などを軽くクランチにさせておいてペダルを挟むと上品なオーバードライブサウンド。
 軽く弾いただけで「良いもの」感が感じられ人気があるのも頷ける感じ。
コントロールメインのコントロール メインのコントロールは4つ。Level、Gain、Bass、Treble。  レベルは結構大きい方。9時過ぎくらいでバイパスと同じレベル。個人的には少し圧力を感じた方が好きなのでちょっとレベルアップの10時くらいが良い感じ。
 ゲインは10時から12時くらい、イコライザーは12時くらいから微調整が良い感じ。
トリマー 上部にサチュレーションという名前のトリマーがついています。これが結構効く。メインコントロールのゲインよりもこちらが重要なのかもと思います。左に回すと倍音感というか騒がしさのようなものが増える感じでギターやアンプに合わせてセッティングすると良いのかも。  左に絞り切るとちょっと騒がしすぎる感じで、騒がしくないと感じるところまで右に回して調整するのが良いのかも。
音 音は程よくミッドが出てコンプレッション感も適度にあるいわゆるオーバードライブ的な音ですがジャリーン、と響く感じが気持ちが良い。  TS系な雰囲気も感じつつサステインもTS並に長くてリードプレイでも使いやすい。TSはミッドにぎゅっと圧縮される感じがするのでハードロック系に適した音ですが、こちらはTSよりも少しレンジが広くて立体感が出る感じで上品なおしゃれ音。  適度に上と下の雑味のある成分が切られて優しい音になるのでエッジの必要なHR/HM系をこなすのは工夫が必要か。
 良かったのは、TSを前段、Jan Rayを後段につないで、Jan Rayは踏みっぱなしでハードロック系の詰まった感じ欲しいときにTSを踏む、というのが良い感じ。


 ちょっと値段が高いですが、高いだけはあるペダル。しばらく使い込んでみようと思えるペダルです。他のVEMURAMのペダルも試してみたくなる感じ。

Marshall RG-1 Regenerator レビュー まあとりあえず的な感じでは十分

割り切れば良し

 Marshallが出した揺れもの系ペダル。

 マーシャルと言えは揺れものの印象はないですし、おそらく売れてないんでしょうね。ネットの情報も極端に少ないです。

 コーラス、フェイザー、フランジャーなどの揺れもの系の6種のデジタルエフェクトを1台にまとめたもの。エフェクターの切り替えは本体上部のつまみにて行います。同時に複数のエフェクトはかかりません。

 実売価格で1万円ちょっとくらいで売っています。

 もともとこれを購入した動機は、手頃な値段でそこそこの揺らし系エフェクターが欲しかったのが動機。
 歪み系にはみなさんこだわりますが、揺れもの・空間系はほとんど使わない方も多いかと思います。ですがセッションやバンドの中で一瞬だけ飛び道具的にコーラスとフランジャーなど使いたい・・・でも大げさな荷物は持って行きたくない・・・なんてニーズは結構あるように思います。特にセッション系とか。

 まさにそんなニーズを汲み取るペダル。

音はそこそこ

ライブ本番では使ったことはありませんでしたが、スタジオのリハなどでは何度か持って行きましたのでレビューを。

 どのエフェクトもそれなりに使えます。よくある普通のコーラスの音がしますし、フェイザーやフランジャーも値段を考えると納得。

 特にVintage Vibeがなかなか良かった。ストラトのフロントピックアップでこれをかけてブルーズ系なんてなかなかはまっていました。

NGな点

重い

 ずっしりしてます。持つと結構重い。特にMXRなど他のペダルと比べるとかなり重く感じます。
 もちろん上記のニーズのようにギターケースにペダル1個入れてスタジオに行くのであれば問題ありませんが、ボードに組み込むのは躊躇します。

つまみが見にくい

 つまみが4つあります。
これが見にくい。どの位置にあるのかがかなり近づかないとわかりません。
 ペダルなのでライブ中とかリハ中に頻繁につまみを変えることはないのでしょうけど・・・

電池優先?

 ペダルなので9V電池が入ります。アダプターの場合には一般的なセンターマイナスです。ただ同時に使うと(電池を入れた状態でアダプターにも繋ぐと)電池が優先されるような気がします。

 一般的にはデジタルエフェクターなのでアダプターを使うのが良いかと思いますが、演奏中にアダプターが外れた時のことを想定して一応電池を入れていたり、ふと購入当時の電池が入りっぱなしになっていたり・・・なんて電池とアダプターと両方が接続されている状態って結構あるように思います。

 以前リハに持って行った時に気がついたのですが、この状態になっているとエフェクトがかからない・・・。踏むとLEDは光るのですが音が変わらない・・・。

 いろいろ試すと・・・電池を抜くとエフェクトかかる!!。

はっきりしたことはわかりませんが、「このエフェクトは電池とアダプターが両方接続されていると電池が優先だが、今回はたまたま電池が消耗していたのでアダプターが接続されていてもエフェクトがかからなかった」というのがその時の結論でした。

 それ以降、電池は入れないようにしました。

総評

 最近はブティック系の高級ペダルも多く、BOSS系やお手軽系のペダルはあまり流行らないかもと思います。
 ですが冒頭のニーズはギタリストであればみなさん感じたことはあるニーズと思いますし、手頃な値段なのでギターケースに入れて持って行くのも良いかなと。



コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利