King Crimson / Lizard 怪しさ全開

イメージ
King Crimsonのサードアルバム。ファースト、セカンドと比較してとにかく怪しい・・・映画のBGM的な雰囲気があります。ロック的にかっちりした曲というよりはJazz的なアドリブにて回している感じでホーンが怪しさを強調。
 1曲目のCirkusからホーンの存在感が強い。King Crimsonの1曲目らしく押し出し感の強い曲。2曲目も1曲目に続き怪しい雰囲気の曲などをつなぎつつ、4曲目のLady in The Dancing Waterの落ち着いた歌ものを挟みつつ、最後の大曲 Lizardではメジャーキーの意外な始まり。

Survivor / Caught in the Game 流して聞くと良い

有名ではないけど・・・



珍しいのを見つけたので買ってきた。

83年のSurvivorの4th。

 有名なのは3rdのEye Of The Tigerですが、どのアルバムも良い曲が揃っていますが、3rdの1曲目ほどのパンチのある曲がないような気がします。

 この時代、JourneyとかNightRangerとかと同じカテゴリ「産業ロック」的にカテゴライズされ揶揄されている感じもありますが、個人的には80年代のUSロックってのは1つの文化だと思います。

 特にメロディーがキャッチーはフレーズが連発なので聴きやすく、いわゆるメロディックハードな感じ。

 特にドライブ中などアルバム1枚を流して聞くと良いです。

ギターではなくピアノ


 サバイバーの音の肝になるのがジム・ピートリックと思いますが、ギターリフよりもピアノからのイントロな曲が耳に残ります。

 この雰囲気はジョー・リン・ターナーとのバンド、SUNSTORMでも聴けます。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー