VEMURAM Jan Ray レビュー

イメージ
上品オーバードライブ 巷で評判、自作でコピー物を作っている人もいるらしい人気オーバードライブ。ネットの動画などを見ていても良い音な感じがするので購入。


 サイズはよくあるMXRサイズ、コントロールは4つと上部にトリマーあり。アダプターの位置はちょっと変わっていて左下。  マーシャル などを軽くクランチにさせておいてペダルを挟むと上品なオーバードライブサウンド。
 軽く弾いただけで「良いもの」感が感じられ人気があるのも頷ける感じ。
コントロールメインのコントロール メインのコントロールは4つ。Level、Gain、Bass、Treble。  レベルは結構大きい方。9時過ぎくらいでバイパスと同じレベル。個人的には少し圧力を感じた方が好きなのでちょっとレベルアップの10時くらいが良い感じ。
 ゲインは10時から12時くらい、イコライザーは12時くらいから微調整が良い感じ。
トリマー 上部にサチュレーションという名前のトリマーがついています。これが結構効く。メインコントロールのゲインよりもこちらが重要なのかもと思います。左に回すと倍音感というか騒がしさのようなものが増える感じでギターやアンプに合わせてセッティングすると良いのかも。  左に絞り切るとちょっと騒がしすぎる感じで、騒がしくないと感じるところまで右に回して調整するのが良いのかも。
音 音は程よくミッドが出てコンプレッション感も適度にあるいわゆるオーバードライブ的な音ですがジャリーン、と響く感じが気持ちが良い。  TS系な雰囲気も感じつつサステインもTS並に長くてリードプレイでも使いやすい。TSはミッドにぎゅっと圧縮される感じがするのでハードロック系に適した音ですが、こちらはTSよりも少しレンジが広くて立体感が出る感じで上品なおしゃれ音。  適度に上と下の雑味のある成分が切られて優しい音になるのでエッジの必要なHR/HM系をこなすのは工夫が必要か。
 良かったのは、TSを前段、Jan Rayを後段につないで、Jan Rayは踏みっぱなしでハードロック系の詰まった感じ欲しいときにTSを踏む、というのが良い感じ。


 ちょっと値段が高いですが、高いだけはあるペダル。しばらく使い込んでみようと思えるペダルです。他のVEMURAMのペダルも試してみたくなる感じ。

Bogner Ecstasy Red購入レビュー

最近メインの歪

 Bogner Ecstasy Red Pedalを買って1年ちょっとですが、購入以降メインペダルとして活躍しています。
 そこで改めてペダルのレビューを書いておこうと思います。

外観

 箱含め外観はこんな感じ。非常に高級感があってワクワクします。

 ただ思っていたよりちょっと大きい。高さも結構ありますし、大きさゆえに角も目立ちます。
 MXRサイズと2個分くらいの感じでしょうか。
 しっかりしたペダルボードにきっちり組み込む場合には問題ないかと思いますが、ギターのソフトケースのポケットにちょこっと入れて・・・という場合には少し気を使う感じです。
 
 ただ大きさの割に軽いです。その面では持ち運びは楽です。

 音の幅は広いです。歪みの量もかなりのハイゲインまで上がります。 BOOSTスイッチでGAINとVolumeを変えられるのは便利ですね。ライブなどで曲ごとにローゲイントハイゲインで踏み替えるなんてのは便利です。

 ミニスイッチがいくつも付いていますが、pre eqとstructureはどれも使えます。単純に好みの問題かと思います。
 modeはちょっと微妙な感じです。Marshall JCM2000だとTightが一番良いかな。Fullだとローが出すぎてまとまりのない音というか、アンプによっては抜けの悪い音になります。
 これは何度か試してみてもJCM2000だとどのセッティングにしても低音がブーミーに聞こえます。

 が、variacはちょっとわかりません。基本OFFだと思いますが、どのような時にONにするのか1年使ってもわかっていません。
 
 あとは良くも悪くもプリアンプっぽい雰囲気があります。古き良きオーバードライブペダルだと適度なコンプレッション感があったりとかで、それを求める部分もありますが、このペダルはコンプレッション感が強くないです。
 古き良きコンプレッション感を求める人はDistortion+とかの古典的ペダルを利用するのが良いかと。

ポイントはイコライザー

 このペダルはイコライザーの効きがすごく良いのでいろんな場面に対応できると思います。個人的にはGAINよりもイコライザーの効きや出方の方が出音への変化が大きいとお思っているのでこのイコライザーの効きは良いと思います。

 イコライザーの特徴はミドルとハイとですね。やはりBOGNERらしさが出てくるのはミドル。これは上げ目にしないとペダルの良さが出てこないです。3時くらいのセッティングから試すと良いかなと思います。
 ハイは12時過ぎたくらいからしゃりしゃりした感じが出てきます。好みですが12時くらいから調整するのが良いかと。
 ベースは基本0から調整してアンプの出音で調整と。

 このペダルは基本的にドンシャリな感じです。どのアンプに合わせるのかにもよりますが、スタジオに良くあるMarshall JCM2000、これもドンシャリです。
 この2つで音を出そうとするとイコライザーのベースを抑えないと、バンドで合わせた時に抜けの悪い音になったり、バンドので音がベースギターと潰し合います。

 1人で弾いている時にはある程度低音があった方が気持ちが良いのですが、このペダルでバンドで合わせる時には特にイコライザーのベースは注意です。

総評

 BOGNERらしいジューシーなミドルが出ます。ただ上記の通りセッティングは幅広い分ちょっと難しいです。
 ミドルを上げてギターの6弦を使って幅広くリフを弾く方には良いかと思います。ギターはシングルコイルというよりはハムバッカー系ですね。P-90も良いかも。
 
 でもドンシャリサウンド、リフは5弦、6弦のみでゴリゴリする感じの人には全く合わないと思います。そういう方は素直にMETAL ZONEとか使った方が良いです。


コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利