Jim Dunlop SUPERLUBE GEL PEN レビュー

イメージ
ギターのナット部分でチューニングがずれてくるのはわかっていたので、ナットの滑りを良くする潤滑剤を買ってみた。

 楽器屋を探して売っていたのはコレ。

 Jim DunlopのSUPERLUBE GEL PENというもの。  事前にネットで調べた製品はなく、どの店に行ってもこの製品ばかり。
 ペンのようになっていて、ペン先部分がシリコンのヘラのような形状。先から潤滑剤が出てくるのでそのペン先で塗って行けると。
 実際試したところ、平面なものに塗るのは良い感じの形状ですが、非常に柔らかいので細かいところに塗るのは不便かな。ナットの溝など細かいところに塗る場合にはペン先から出る潤滑剤を爪楊枝のようなものですくって塗るというのが良いかも。
 触った感じはサラサラで確かに滑るが良くなる感じ。
 塗ったすぐ後試してみましたが、チューニングの安定性は多少良くなった気もしますが・・・もっと安定するかどうかは安定するかどうかは馴染ませて置いておいてかな。



Grand Funk Railroad / On Time 良い音

難しくないハードロック

 同時代のロックというと、Led ZeppelinとかDeep PurpleとかUriah Heepとかのヨーロッパ勢を想像します。個人的な感想ですがこの辺りのバンドはアルバム中に様々な曲調や音の曲が並んでいたり、1曲がプログレッシブだったりで聴きこむことで良さがわかってくる印象があります。


 これらと比べると曲が難しくない。単純にノリが楽しめる。
アメリカ的なのかどうかわかりませんが、Steppenwolfも同じ感想です。

 全体的な音の傾向もだいぶ違うと思います。ヨーロッパ勢は全体的にトレブリーな感じというかシャープで尖った雰囲気がありますが、アメリカ勢はミドルを出した音。

 ギターの音はハムバッカーのミドルを出した音ですね。よく聞くとギターが上手い。歌のバックに入っているリフとか、ベースと棲み分けしているカッティングとか。

 前半は普通に弾いていて、後半はワウを踏んでいたり。
 こういうセンスは見習いたいところです。

キャッチーな曲

 1曲目のAre You Ready?からわかりやすいリフのイントロから始まります。
2曲目のAnybody's Answerも同様でとてもキャッチーで聴きやすい。

 基本的にはアルバム通してわかりやすい印象的なギターリフをイントロに持ってきてノリノリなベースとアクセントの効いたドラムで支えている感じです。
 
 特に5曲目のT.N.U.C.なんてロックな感じがして良い。印象的なギターリフから始まり中盤でドラムソロ。

 やっぱりメインは7曲目Heartbreaker。
コード進行は定番的な感じなのですが、アレンジが印象的。
 バラード的というかフォークソング的なイントロから始まり徐々に盛り上がって行く感じ。

 で、曲が終わる雰囲気で「良い曲だったな」なんて余韻に浸ると・・・また始まる。しかもテンポアップして全開でサビに。
このアレンジってなかなかすごい。天国への階段かHeartbreakerか。

 この手の名盤は定期的に聴きたくなる。



コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足