ESP TH-200M ちょうど良い大きさ

イメージ
BOSS WL-20のホルダーを求めて もう2年くらい使っているBOSSのワイヤレスシステム。安くて安定していて音も不自然なくとても良いのですが、やっぱりギターから直接生えている感じは見た目的にいただけない。  そのため当初から短いシールドとフォーンプラグの延長用のコネクタを使って他のワイヤレルのようにストラップに付けたい。
 課題になるのはワイヤレス送信機ホルダー。  ギターに直接挿すのが基本でしょうから純正品や専用品は出ていない模様。何かで代替するほかないと。  当初使っていたのはホームセンターで売っていたドライバーなどをベルトにつけるもの。これな内容的には良かったのですが、サイズが大きかった。小さいワイヤレス送信機に対して存在感ありすぎた。
ESPのホルダーを買ってみた 調べるとESPから小さめのホルダーが出ている様子。割とお手頃な値段で売っていたので買ってみた。 (皮製でしっかり)
 ポイントは送信機を包み込むように包んでゴム製の輪っかで縛る。なので特定の製品専用ではなく汎用的に様々な大きさに使える感じ。

(WL-20を包んだところ)

 WL-20の送信機はかなり小型なので、包むには縛っている輪ゴムを二重に巻く必要があります。これでも多少大きさに余裕はありますが隙間から抜け落ちたりするような感じもなく、安定感もあると。  ちょうどよく下部にある穴かフォーン延長コネクタを通すことができデザイン的にも良い感じ。
 とても小さく目立たなくなったワイヤレス送信機ホルダー。これでしばらくは使ってみようか。どうせならBOSSで純正品を出してくれれば良いのに。


SWEET & LYNCH / ONLY TO RISE ギターをもっと

期待して購入

 Michael SweetとGeorge LynchがSWEET&LYNCHというバンドを結成、ONLY TO RISEというアルバムを出すということで購入事前から嫌が応にも期待がマックスでした。
 George Lynchは特徴のあるボーカルと一緒にバンドをやることで映えるギタリストだと思いますし、Stryperも好きなのでこの2人の名前が上がった時には期待・期待・期待。やっぱり80年代の古き良き時代を想像してしまいました。

 購入して実際聞いてみると・・・
Michael Sweetの声は期待通り。特徴のある伸びのある美声で昔のストライパーのアルバムを思い出す。全体的にボーカルの印象が前面に出ている感じがあります。
 特にメジャーキーとマイナーキーが混ざった独特のメロディー。ストライパー好きな人はこれが欲しいんでしょうね。

 対してギターはあまり弾いている印象がありません。昔のDokken風なリフがあったりもしますが、リフ・ソロともにGeorgeLynch節なところは少ないかな。
 結果的にストライパ−8割、ドッケン2割くらいな感じでしょうか。
 
 個人的にはギターを前面に出して存在感を出して欲しかったのですが、歌物に徹したというか、サポートでギターを弾いたくらいの感じで少し残念でした。
 ただアルバムとしてはキラーチューンはありませんが、まとまりはよく少し聞き込もうかなと思えるアルバムです。

ギターをもっと

The Wish

 壮大な感じのイントロから始まり、まさにストライパーかと思わせるような歌が始まります。

Dying Rose

 イントロがGeorgeLynchな感じの特徴のある音使いです。歌はハードな感じで少しストライパーっぽい感じが押さえてられています。個人的にはギターソロをもっと長くして欲しかったな。

Love Stays

 スローなパラード的な曲。間奏前のつなぎの展開が、よくあるけど好きな感じ。

Me Without You

 イントロのモジュレーションがかかったようなクリーンサウンドが怪しい雰囲気で特徴的なのですが、このギターにメジャーキーのメロディなんてよく乗せられたなと思います。
 間奏のギターソロは完全に巨匠。

Only to Rise

 イントロのギターが巨匠。この手のリフをもっと増やして欲しかった。


総評

 George Lynchにもっと弾いて欲しいと思っていましたが、改めてよく聞くと特徴的な音が多数含まれていますね。改めて聞き込もう。
 このアルバムは聴きこむと良さが出てくる感じですね。



コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利