JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


BOGNER Ecstasy Red セッティング BASSはゼロが良い


セッティングが難しい

BOGNER Ecstasy Redペダルを買って約1年。

 スタジオで使ってきましたが、ここ1年はPhaserやらFlangerやらここ20年は使わなかったペタルを積極的に導入したので、歪及びアンプのセッティングがスタジオの度に変わったり音作りに満足できなかったり。

特に年末にスイッチャーを導入したのでそこでも音が変わったり。

で、やっとセッティングが決まりました。

セッティングはこれです。

 ゆっくり一人でスタジオに入って大きな音で鳴らして音作りすればよかったのですが・・・・
 
 Bogner Ecstasy Redはとにかくドンシャリ傾向なので一人で弾いている時には気持ちが良いのですが、バンドで合わせるといまいちなのでBASSはゼロから調整してBOGNERらしい音を出すジューシーなミドルを全開にする。

BASSはゼロ

今回は自宅のAmplitubeでゆっくり試してスタジオへ
アンプのセッティングはこれです。
アンプはいつもJCM2000ですが今回のポイントはBassを0にし、Trebleは控えめ。
 
 アンプ側でもミドルを出してベース部分を完全に削り、ベースとの棲み分けをはっきりさせる。Trebleは全体の調整で決めると。
 
 JCM2000はそれでなくてもドンシャリで油断するとトレブルが耳に痛くなったりするのでミドルを意識して出す。
 これで太くてギターらしい音とバンドの抜けが出てきたような。
しばらくはこのセッティング行ってみようかしら。

 とにかくペダル、アンプともにTrebleとBassはゼロからセッティングして行くと近道かと思います。

 あとはクリーンサウンド用にDynaCompが気になるな・・・。




コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利