Jim Dunlop SUPERLUBE GEL PEN レビュー

イメージ
ギターのナット部分でチューニングがずれてくるのはわかっていたので、ナットの滑りを良くする潤滑剤を買ってみた。

 楽器屋を探して売っていたのはコレ。

 Jim DunlopのSUPERLUBE GEL PENというもの。  事前にネットで調べた製品はなく、どの店に行ってもこの製品ばかり。
 ペンのようになっていて、ペン先部分がシリコンのヘラのような形状。先から潤滑剤が出てくるのでそのペン先で塗って行けると。
 実際試したところ、平面なものに塗るのは良い感じの形状ですが、非常に柔らかいので細かいところに塗るのは不便かな。ナットの溝など細かいところに塗る場合にはペン先から出る潤滑剤を爪楊枝のようなものですくって塗るというのが良いかも。
 触った感じはサラサラで確かに滑るが良くなる感じ。
 塗ったすぐ後試してみましたが、チューニングの安定性は多少良くなった気もしますが・・・もっと安定するかどうかは安定するかどうかは馴染ませて置いておいてかな。



Dokken / Beast From The East

LA Metalの名演

 ふと聴きたくなったので聴きました。88年のDokkenのライブアルバム。今でのたまに聞きます。
 初めて聞いたのは25年以上前ですが、哀愁あるメロディのDonの歌とGeorge Lynchの激しいギターがとてもカッコ良かった。
 Jeff PilsonとMick Brownのコーラスも良い味で。
 高校生の頃、バンドスコアを買って練習した良い思い出。ESPの神風ギターがカッコ良く、買おうかどうか考えたり。

 1曲目のUnchaine the Nightのギターのクリーンサウンドのイントロなんかは今でもカッコ良い。
 4曲目のKiss of Deathはスタジオ盤よりもギターソロが長かったっけ?
 13曲目のIn My Dreamsなんてライブの盛り上がりには良いですね。

 スタジオ盤では聞けないオブリやソロの詰め込み感などテンションの高さを感じられる名盤と思います。

 個人的にはDokkenはBREAKING THE CHAINS、Tooth and Nail、Under Lock and Key、Back for the Attackの4枚までと思っていますが、選曲的にも4枚から満遍なく選曲でほぼベストアルバム的な感じ。

95年に来日公演と比較しても

 その後95年の来日公演を見に行きその際のライブDVDも購入しましたが、それと比較してもBeast from the Eastのテンションの高さが際立ちます。
 95年の時は1曲目がTooth and Nailでしたが、ギターソロのGeorge Lynchの小指(!)のトリルが凄かった・・・などプレー自体は印象に残っているのですが。


 ところでBeast from the Eastは完全盤があるらしいのですが、未だ見たことがありません。見つけたら即購入なのですが・・・。

コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足