2016年2月21日日曜日

VOX Tonelab ST 安い割になかなか良かった

 2年くらい前に思い立って中古で買ってきたのでレビューを。
 購入の目的は自宅用に簡易なBOGNER風アンプシミュレーターが欲しかったので。つまりアンプシミュレーターが目的なのでエフェクター関連はほとんど触っていません。

tone lab_st

簡単なオーディオインターフェース

 本体にUSB端子が付いていて、そのままPCに接続できます。
アンプシミュレーターからそのままPCに直結できるので、あとはGarageBandでも立ち上げればとりあえず宅録できます。これは簡単です。


多数のアンプシミュレータ

 BOGNERが目当てで購入しましたが、他にも多数のアンプが入っています。アンプ本体の他にキャビネットも選ぶことができるので様々な組み合わせを楽しむことができます。

 ただ組み合わせが多数あるので選択は難しいです。組み合わせ個人的には簡易宅録が目的だったので、そこまで自由度が高くなくても良かった。逆にセッティングに迷うので使い方が簡単な方が・・・。

 この手の製品の購入目的はみなさん似たような感じなのではと思います。本気で音源を作りたい人はもっと高価な製品を使うでしょうし、もちろんライブなどでバリバリ使いたいという製品でもないかなと。そうすると手軽で簡単で安い、というニーズの方が強いかと。

肝心の音

 ノイズもそれほど気にならないし、値段を考えると十分です。
各アンプシミュレーターも、それぞれのアンプの特徴をよく捉えているというか、それっぽい音が出ます。
 一応真空管らしきものが付いていて、電源を入れると真空管が赤く光るのが見えますが・・・本当に真空管を使って音を出しているのか(光るのが本当に真空管なのか)はわかりません。

使い勝手

 個人的には使い勝手はイマイチな印象でした。
上記でも書いたようにいろいろ自由度が高い(=セッティングが複雑)なので、多数のパラメータがあるのですが、イマイチ直感的に設定できません。
 大きさの都合もあって、すべてのパラメータのつまみがあるわけではないので、「このボタンを押しながらこのつまみを回す」のような設定方法も多いです。それが面倒。
 もちろんマニュアルを読みながら設定することで問題なく設定はできるのですが、ちょっと設定を変えたい時にいちいちマニュアルを出してくるのは面倒。

 そのためがどうかわかりませんが、PCから設定を確認したりできるツールがあります。
これをPCにインストールすることでPCで各パラメータの数値をわかりやすく確認しつつ設定してゆくことができます。

総評

 中古で1万円以下で購入できて簡単に宅録ができるので十分な製品です。
自宅用で簡単に使うのであれば、しばらくは使えるかと。


0 件のコメント:

コメントを投稿